nob blog Written by Nob

Debt-債務整理-

住宅ローンが代位弁済されても「巻き戻し」で、個人再生の住宅資金特別条項は利用できる。個人再生を行ううえで、保証会社による住宅ローンの代位弁済後でも、住宅資金特別条項の利用は可能です。住宅ローンを滞納していても個人再生で有効なのか?有効な方法があります。早いほど可能性はあります。無料診断であなたの借金の状態が確認できる。

Debt-債務整理-

個人再生前での住宅ローンが滞納中。その場合でも住宅ローン条項を利用できるのか?個人再生は住宅を残しつつ、債務を大幅に減額して2年~最長7年で返済していく国が認めた制度。住宅ローン条項の4つの要件を満たしている場合でも、住宅ローンの返済が滞っていて、保証会社が代わりに返済している状態(代位弁済)で6ケ月間が経過した場合は

Debt-債務整理-

個人再生が会社にバレない4つの方法【実体験あり】債務整理は会社や周囲の人たちへの通知義務はないので、通知がなされてバレるというこうとはありません。しかし、まったくバレないということではないのです。個人再生が会社にバレない4つの方法(デメリット回避)について紹介します。

Debt-債務整理-

個人再生後の住宅ローンについて、知りたい人も多いはず。 私もそのひとりです。 個人再生をすると、信用情報機関には約5~7年間その事実が事故の情報として登録されます。その期間中はローンの審査に通ることが困難となります。事故の情報「ブラックリス…

Debt-債務整理-

【個人再生】失敗する訳がない|弁護士費用をなんとかした方法【実例あり】「なんとか自転車操業のような借金生活から脱出したい。でも家や仕事をいまのまま守りたい。自己破産したら借金はチャラになるけど家や財産は取られてしまう。債務整理で個人再生ってあるけど、失敗したくない。」悩みのなかで失敗しない弁護士費用のことを解説します