nob blog Written by Nob

債務整理 守秘義務徹底【東京台東区】岡田法律事務所

Debt-債務整理-



債務整理 守秘義務徹底【東京台東区】岡田法律事務所


こんな悩みで苦しんでませんか?

「毎月の返済金額で生活がぎりぎりなんです」
「取り立てが毎日のようにあって精神的につらいんです」
「長年の返済生活がきついんです」


まずは取り立てを止める

取り立てを止めるためには、専門家である「弁護士事務所」か「司法書士」にお願いすることで止めることができます。


 

 


お願いするといろいろ料金が掛かってしまうのでは?


「深刻な状態かどうかの判断もわからない状態になってて・・・。」
「専門家に相談するだけで”お金”が掛かってしまうのでは?」
「安心してお願いできるところがわからない」
「最初から費用が掛かってしまうのでは?

そんな不安に襲われて、相談することも躊躇(ちゅうちょ)してしまいますよね!


 


まず相談しないと始まらない


 不安に襲われている毎日から「一歩」踏み出さないと、いまの生活は変わらないのです。
精神的にも金銭的にも”ラク”になるためには、「一歩」踏み出す ”無料相談”から始めてみましょう!


 

 


専門家をおすすめ


なんといっても安心できるのが、”弁護士法人”に加入している法律事務所を選ぶことをおすすめします。


弁護士法人とは・・・、
弁護士が開業する場合、弁護士事務所か弁護士法人を選択することができます。
弁護士事務所は、個人の弁護士が個人事業として開業している事務所です。
2002年からは「弁護士法人」を設立することができるようになっています。
弁護士法人は、弁護士業務を行うことを目的とした法人です。
弁護士事務所と弁護士法人は、規模や業務の範囲に関して違いはありません。

しかし、唯一の”違い”は弁護士法人を設立したときの ”信用” でしょう。
株式会社などと同様、定款を作成して公証人による認証を受けて、法務局に登録する必要があるためです。
”信用” がなされないと弁護士法人としての登録ができないからです。


 


事例ご紹介


 

「Hさん」
145万円の過払い金返還に成功しました!本当に助かりました。
●長らく消費者金融から借りては返すの繰り返しでした。
●借金を解決できて本当に満足できています。  


 


岡田法律事務所は東京ロータス法律事務所へ


岡田法律事務所

東京台東区に事務所を構える”東京ロータス法律事務所(旧岡田法律事務所)”
詳細はこちらから。
まずは無料相談から「一歩」踏み始めましょう!

 

 


●筆者(匿名)

 サラリーマンとして普通に働き、結婚。若いころ”いちびって(威張って)”ランドクルーザーを購入。収入と支出のバランスが徐々に合わなくなったが、共働きでなんとか乗り切ろうとする。子どもが生まれ、大学に行けなかった自分の夢を子どもに期待するように、公文・有名塾・合宿など教育費にお金掛ける。最初は会社提携の教育ローンを利用するも徐々に金融系ローンを多数借り自転車操業を繰り返す。子どもは念願の有名大学に入学。しかし、もう貸してくれるところが無くなり、弁護士事務所に駆け込む。同時期に破産法が改訂(変更)されたこともあって、家を手放さず職を失うことなく借金を減額返済してくれる方法を弁護士事務所と計画。1千万円以上あった借金は、約10ケ月間の手続きと生活設計を見直すことで見事に裁判官から減額返済の決定にこぎつける。現在も返済を続けている40後半のサラリーマンである。