nob blog Written by Nob

【個人再生】住宅ローンが滞納中。その場合でも住宅ローン条項を利用できるのか?【できます】

Debt-債務整理-



住宅ローンを滞納している場合、個人再生の住宅ローン条項を利用できるのかな?そんな疑問を解説します。

個人再生は住宅を残しつつ、債務を大幅に減額して2年~最長7年で返済していく国が認めた制度です。


住宅ローン条項がそれにあたり、4つの要件を満たす必要があります。


>>住宅ローン条項の4つの要件とは?

住宅ローン条項の4つの要件を満たしている場合でも、住宅ローンの返済が滞っていて、保証会社が代わりに返済している状態(代位弁済)で6ケ月間が経過した場合は、住宅ローン条項を利用できません。

住宅ローンを延滞している場合、住宅ローン条項を利用するためには、保証会社に代位弁済される前か、もしくは代位弁済後に6ケ月間を過ぎていない間に民事再生(個人再生)を申し立てする必要があります。

また、代位弁済後6ケ月間を過ぎていない場合であっても、民事再生(個人再生)の申し立てまでに6ケ月間を過ぎてしまうと住宅ローン条項を利用できなくなってしまいます。


検討する場合は早めに専門家である弁護士・司法書士に相談しましょう。


さらに条件として、民事再生(個人再生)では、住宅ローン以外の借金が、再生計画によって継続的に支払いが可能であることが必要となります。(履行可能性という)

そのため、住宅ローンが滞納していると、継続的に支払いが続けられないと判断されてしまう危険性が高いため、申し立てを行うまでには住宅ローンの滞納を解消しておくことを勧めます。

>> 【無料診断】ライズ綜合法律事務所の借金減額診断サービス