キーワード

【個人再生】 とは?借金/自己破産との違い【やり直しのチャンスです】

個人再生 とは

個人再生とは?

こんにちは、個人再生で人生やり直すことができた ノブです。

実際に私が個人再生を行い、体験したことを例として記しています。

なので怪しいものではありません。

また、弁護士からの情報を参考としていますので、どうしたらいいの?と迷っている人に少しでも役に立てられる情報であれば嬉しいです。

●個人再生とは?なんでしょうか。

いまさら感はありますが、正しく知ることで、損したりデメリットを回避することに繋がります。

なによりも、知らないまま人生やり直しができるわけがありません。

自分や家族の未来のために、まずは抑えておくべき内容です。

個人再生

個人再生・・・

債務整理の方法の1つ。

個人再生とは、借金などの返済ができなくなった人が、全債権者に対して「返済総額」を少なくしてもらい、その少なくなったあとの金額を「原則3年間」で分割して返済することです。

その「原則3年間」の返済をするため、再生計画を立てます。

そして、債権者に意見を聞き、裁判所が認めてくれれば、その計画通り返済をすることになります。

ほかの債務(養育費、税金など一部の債務は除く)などが免除されるのです。

少なくしてもらう割合は、ひとそれぞれ。

私の場合は、債務と認められた全体の3割に少なくしてもらいました。

ただ、妻も働いてましたので、毎月の可能な返済金額などを直近の収入で計算され、かつ2年間に短くされました。

収入は、維持もしくは増える前提で計算してますから、給与減や超勤が少なかった月はしんどいです。

でも2年間と、短期間であの苦しんでいた借金生活から解放されるわけですから「ありがたや~」って気持ちになりましたね。

個人再生 自己破産との違いとは

個人再生と自己破産の違いをやさしく解説していきます。

自己破産とは?の詳しい解説も必要と思いますがズバリ!一文にすると、「債務者の財産、または相続財産もしくは信託財産を精算し債権者に弁済することに加え、支払いきれなかった債務は消滅する」のが自己破産です。

最低限の生活すべき財産や金銭は精算されませんが、まあ家は取り上げられますし、一定の勝ち以上の財産は精算するために取り上げられてしまいます。また会社にもばれる可能性が高く、退職せざるを得なくなってしまいます。まあ個人で自己破産する人が直前まで裕福だったということは少ないと思いますがね・・・。

反対に個人再生は、ローンの残っているクルマは手放すことはあっても家を手放すことは無く、また、一定以上の高価な金品だけが精算の対象とます。なんといってもメリットは会社にほぼ知られること無く手続きができること。そして会社の収入から生活費を引いて返済できる範囲での返済計画を立てて決定されることが大きいですね。

自己破産(破産手続き)とは? こちらで詳しく解説

まとめ 個人再生はやり直しのチャンス

個人再生は、会社勤務している家族を中心に、家を失うこと無く、夫婦の職場や仕事を変えることも無く、子どもの学校や友達に知られることも無く、働きながら無理なく3年間で完済できる「債権者寄り」の債務整理の手法だと言えますね。

個人再生 清算価値 とは

任意整理 個人再生 とは

住宅ローン 個人再生 とは

クレジットカード 個人再生 とは

【個人再生】異議とは?わかりやすく解説
【個人再生】車を残せるたったひとつの方法【実例公開】

関連記事一覧