キーワード

◆30代女性、借金の相談。債務整理は自力でしないほうがイイワケ【債務lady】


◆30代女性、借金の相談。債務整理は自力でしないほうがイイワケ【債務lady】


だれに相談したらいいの?

そんな悩みを持っている女性は多い。

借金問題は、「1人で抱え込む」とより深刻になります。

 

 


●返済が滞りだした借金は、自力では完済することが難しい。


特に、借金返済のための借金(自転車操業)は、「借金を膨らませるだけの行為」なので、絶対に避けるべき。

債務整理の方法は、自己破産だけではありません。

 

 


●でも私は、もう自転車操業状態なんです。



借金歴がある人教えて下さい。現状家賃3ヶ月滞納に携帯代2ヶ月、光熱費2ヶ月その他もろもろ。そしてブラックリストです。
今月中に70万~100万ないと生活できません。助けて下さい。
相談する先が無く、此方で質問させていただきます。
過去に借金歴がある方教えて下さい。

Yahoo!知恵袋


借金の相談です。現在消費者金融2社から180万円ほど借りています。自己破産か任意整理か、債務整理の手段について考えています。

月に波はありますが22万ほどの給与の中から毎月6万近く返済していました。
家賃は5万。他に、奨学金の返済が2万です。
しかし、パニック障害が悪化してしまい休職することになり現在3カ月の無給状態。年内には給与を減額して復帰予定です。今は実家に帰省して療養しています。

Yahoo!知恵袋

ほかにも、自分ではない原因で ”借金に苦しむ” 毎日を過ごしている方がたくさんいます。

 

 


●弁護士や司法書士に相談すれば、収入・財産・借金の状況に応じて最適な方法を提案してもらえます。


マイホームなどの高額資産をもっていない独身女性であれば、自己破産は必ずしも悪い方法ではありません。

自己破産すれば、借金を全く返済することなく、早期に生活を建て直すことができるからです。

 

 


●弁護士・司法書士は、借金で苦しんでいる人の一番の味方です。


「弁護士・司法書士は何だかこわそう」と感じている人もいるかもしれません。

しかし、最近では、女性の弁護士・司法書士も増えています。

また、女性からの依頼は女性スタッフ(弁護士)が対応する弁護士・司法書士事務所も多くなってきました。

借金の返済が苦しいと感じたときには、1人で思い悩まずにできるだけ早く弁護士・司法書士に相談しましょう。

 

 


【女性専用】借金整理相談窓口/債務lady 新大阪法務司法書士事務所


債務Lady

 


●筆者(匿名)

 サラリーマンとして普通に働き、結婚。若いころ”いちびって(威張って)”ランドクルーザーを購入。収入と支出のバランスが徐々に合わなくなったが、共働きでなんとか乗り切ろうとする。子どもが生まれ、大学に行けなかった自分の夢を子どもに期待するように、公文・有名塾・合宿など教育費にお金掛ける。最初は会社提携の教育ローンを利用するも徐々に金融系ローンを多数借り自転車操業を繰り返す。子どもは念願の有名大学に入学。しかし、もう貸してくれるところが無くなり、弁護士事務所に駆け込む。同時期に破産法が改訂(変更)されたこともあって、家を手放さず職を失うことなく借金を減額返済してくれる方法を弁護士事務所と計画。1千万円以上あった借金は、約10ケ月間の手続きと生活設計を見直すことで見事に裁判官から減額返済の決定にこぎつける。現在も返済を続けている40後半のサラリーマンである。


 

【WEB相談申込】丁寧で低価格の債務整理のご相談は「新大阪法務司法書士事務所」
【女性専門】女性スタッフ対応で気軽に借金お悩み相談!アヴァンス法務事務所

関連記事一覧